FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2019

Sunny Side Up

レビュー・雑記のゲームサイト

28

Category: ゲームレビュー

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

2010年MY BEST GAME トップ3!

勝手に選ぶ2010年のベストゲームァ!
まずは、諸先輩方に習い、私が2010年に購入&プレイしたゲーム一覧から。

・アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団
・End of Eternity
・無限のフロンティアEXCEED スーパーロボット大戦OGサーガ
・ニーアレプリカント
・メタルギア ソリッド ピースウォーカー
・スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL
・ゴーストトリック
・ファイアーエムブレム 新・紋章の謎 ~光と影の英雄~
・戦国BASARA3
・アナザーセンチュリーズエピソード R
・バイオショック BEST(2010年1/14発売)
・初音ミク -Project DIVA- 2nd
・Demon's Souls BEST(2010年2/25発売)
・VANQUISH
・GOD EATER BURST
・タクティクスオウガ 運命の輪
・スーパーロボット大戦L
・テイルズ オブ グレイセス エフ

去年発売のもの
・戦場のヴァルキュリア BEST(2009年発売)

積んでいるゲーム
・TRICK×LOGIC Season1
・大神伝

となりました。迷ったのですが、今年発売のものはベスト版も入れています。
去年発売の戦ヴァルは欄外に、そしてアンチャ2は去年発売されたものですが、
1・2をセットにした同梱ベスト版が今年発売されたので、
他と同様に今年リリース枠に入れてみました。
タクティクスオウガなどクリアしてないゲームも、一応含めています。
で、数えたら、今年プレイしたゲームは全部で19本!
1月1本半ぐらいのペースです。
こうして遊んだゲームを書き出すのは初めてなのですが、
何かタイトルを見るだけでも、あーだった、こーだったと思い出せて楽しいですね。
時間かかったものとそうでなものとの差が、割とあった気もします。
ていうかスパロボ系買いすぎ。

それでは、この中から、2010年版
MY BEST GAME トップ3 を書いてみたいと思います~

第3位:
アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団
ノーティドッグが制作、今ではハイクオリティな洋ゲーの代名詞となった
「アンチャーテッド」シリーズの第2弾。
私も評判の良さから1を購入し、続けて今年の初春に、2作目となる
「黄金刀と消えた船団」をプレイしました。
よく言われる、アンチャーテッドの何が凄いのか?ですが、
私は、普通に感じられるところではないかと思っています。
外野フライを取るのにスライディングしない、というような、
サラッとやっているようで実はとんでもない技術が使われているのが
アンチャーテッドの凄いところだと思いました。
たくさんの人が遊べて、楽しめる、人を選ばないところ。
グラフィックは素晴らしく、ゲーム中のアクションやTPS部分は
誰にでもできる作りになっています。ジャンプなどのアクションは
補正がかかるので、方向定めてボタン押すぐらい。
敵と戦うシーンも、TPSなので倒す順番考えたり、弾切れしたりはありますが、
GAME OVERになっても直前からリスタート可能です。
その上、難易度設定もできる。どこで遊べばいいんだと思うヌルさで、
なのに楽しい時間が過ぎていく、それが凄いと思いました。
ムービーかと思ったら、そのままのクオリティで自操作画面に
移って焦ったり、突進する車に追われながらめちゃくちゃに銃を乱射してみたり、
画面に光る宝物をとりにいくルートを探して、画面をぐるぐる回してみたり。
すごく単純なことが楽しい。
また、このシリーズの主役、ネイト(ネイサン)・ドレイクが良いキャラすぎます
タフで明るくて、自信家で、女性もお金も大好きなロマンティストで、
”またかよ!”っていいたくなるダイハードなトレジャーハンター!
プレイしていると、ネイトさんを操作しているというより、
ネイトさんと共にお宝をめぐる冒険にでている気分になってきます。
プレイ時間は30時間あるかないかで、あまり長くはありませんが、
幸せなスリルと楽しみを、贅沢に与えてくれる。
こんな風に楽しめるゲームは他に やったことがありませんでした。
3ももちろん買いますよ!
アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団
(2009/10/15)
PlayStation 3
商品詳細を見る


第2位:
END OF ETERNITY
セガ×トライエースの夢コラボ!
…ですが、うっかりここへ迷い込み、このランキングを見て
「はぁ?」という方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。
アンチャ2が3位でこれが2位とはナニゴトかと!
すみません、クオリティとかそういうことでは2位と3位は絶対に逆なんですが、
それを覆すのは1つは好みという名の愛、 そしてタイミングです。
タイミングというのはもちろん、2009年年末に発売されたFF13です。
私、恥ずかしながらこのFF13のためにPS3を購入したのですね。薄型です。
そして、楽しみにしているゲームほど、前情報なんて入れずに、
まっさらな状態で遊ぼうと思っていました。
結論からいうと、FF13は、前情報がある人ほど、ショックを受けずに
楽しめたゲームだったんだろうなと思います。あれ、普通にやると
めちゃくちゃビックリしますよ。RPGのつもりで起動しているんですから…
いつになったらメンバー揃うのかしら、レギュラーは誰にしようとか、
そういうこと前提で進めているのに実はアドベンチャーだったとか、
まあ、細かいことはいいけど、とりあえず強烈なショックがありました。
「思てたんと違う!」っていう(笑 いや、当時はあんまり笑ってなかったかな
知り合いの男性(50代)に、ドラクエとFFだけは買うっていう方がいて、
FF13のために朝からヨドバシ並んで限定版PS3買った方とかいましたから。
10-2とかも買って、少しでも楽しみたいからって、攻略サイトとか見ずに
自分でメモ作って遊んでいた方でした。
その方はPS3をどうしたかって?FF13のプラチナトロフィー意地でとって、
今はトルネ専用機にしているそうです。
…って、話それましたが、RPGって何だっけ。私が遊びたかったのは何だったろう?
和ゲーって?そういう疑問と不安にとりあえずでも答えてくれたのは、
EOEだったと思います。あんなに個性的なバトルシステムなのに、
あの作品が好意的に受けいれられたのはきっと、FF13の後にでた、
最初のJRPGだったからだと思っています。
そしてもう1つの理由は、好み…ですね!とりあえず、リーンベルちゃんの
かわいさは異常(超真顔。これまでやった、どのゲームの、
どの女の子よりも大好きです。厚化粧の理由が泣かないためとか、
どうなってますか! えぇ?(…)
ラスト周りの「…、です!」とか、いちいち敬語に直すところとか
あんなにキュートな女の子キャラを私は知らない…!
続編がでたら、既存のどのシリーズよりも全力でノー情報で予約します。
それぐらい、大好きでした。よって2位!
PS3 ★ End of Eternity (エンド オブ エタニティ) 特典 スペシャルサウンドトラック「RESONANCE OF SOUNDS」付きPS3 ★ End of Eternity (エンド オブ エタニティ) 特典 スペシャルサウンドトラック「RESONANCE OF SOUNDS」付き
()
PlayStation 3

商品詳細を見る

End of Eternity Platinum CollectionEnd of Eternity Platinum Collection
(2010/12/09)
Xbox 360

商品詳細を見る


第1位:
BioShock
やはり1位はこれでした「バイオショック」。
ブログを立ち上げようと思ったきっかけのゲームながら、
未だにネタばれこみのレビューを書くことができないのは、
私がこのゲームを理解しきれないからです。
このゲームを作った人は天才で、バケモノなんだと思う反面、
そういう人がゲーム制作に携わり、「BioShock」というゲームを作り、
それが日本語になってプレイできたことを心から幸せに感じています。
出会いという名の奇跡。
「自分は変なゲームが好きだ」とか「理屈っぽいところがある」と思う人には
ぜひやってもらいたいです。
私の言葉は残念ながら弱いので、Game Sparkから、
『今世代に生まれた新たなゲームシリーズ』TOP7の第3位に選ばれた
「バイオショック」を説明する言葉を引用してみます。

“BioShockは、今日のゲーマーが思慮深い成熟した大人で、
狂気のアクションの真っ只中にとっぴな複雑さや道徳的にあいまいな
アイデアを取り入れた作品をきっと歓迎するはずと仮定し、
多くの開発者がリスクだと感じるようなことを実践してみせた”

私自身が成熟した大人かどうかはともかく、このゲームが既存のものと、
大きく違うものであることは断言できます。
ゲームは、見るものでも、聞くものでもなく、
自ら体験するものなのだと実感させる傑作。
このゲームを真似たものは決して作れないと言い切れるので、
PS3、XBOX360、PC、対応ゲームーハードをお持ちの方は、
ぜひ、死ぬまでに(笑)プレイしていただきたいと思います。
2012年には、オリジナルクリエイターによる
「BioShock Infinite」も控えています!
Spike The Best バイオショックSpike The Best バイオショック
(2010/01/14)
PlayStation 3

商品詳細を見る


というわけで、2010年のマイベストゲーTOP3でした。
書きながら、もっと上手に伝えられたらなーと思えて、本当に残念です。
チラッとでも興味が湧いたタイトルがあったら、アマゾンさんでもどこでも
レビューを見て、ご購入の参考にしていただければと思います。
また、TOP3に入らなかったものも、ほとんどは非常に楽しいゲームでした。
まあ、ハッキリ例外だっていえるのは、ACE:Rだけですよね!(爆笑)
いやー、ひどかったですよね…最初にやったACEシリーズがアレだったのは、
きっと大きな不幸に違いない。まあ、何ていうか、うん、申し訳ありませんでした!(笑
来年はどんなゲームが登場するんでしょうか、また楽しみにしたいと思います。

さて、これが、2010年最後の記事となります。
9月頭から始めたブログ、あっという間に4ヶ月近くが経過しました。
訪れてくださった方、そしてコメントくださったせんせい他皆様、
ありがとうございました。大変お世話になりました。
マイペースなサイトではありますが、来年も続けていきたいと思います。
どうぞ、よいお年をお迎えください!

スポンサーサイト

Comments

バイオショックを買うべきだという電波を受信しました
しかし洋ゲーは気にならないのですが……

……む、虫とか、出ませんよね?(フォールアウトはそれで諦めた
大丈夫ですよ~、虫とかは、で…… 
るかもしれません^^;

けど、フロアにウヨウヨとかそういうのは全然ないです。
ただ、セクシー要素ゼロで安心のCERO:Dです
せんせいを理屈っぽいと思ったことはないんですが、
もしよかったら遊んでみてください
レビューを拝読したい!(つまり私得

そしてすみません、キャラについて書き足していないんですが
パスカルさんについては、「とても親しみやすそう」という印象でした。
明るく楽しくて、マイペースで、その分結構大雑把な。
付き合いやすく、好きなタイプです
せんせいの元に嫁がれる日が楽しみです…!

Leave a Comment


プロフィール

はな・いちもんめ

Author:はな・いちもんめ
SF大好き昭和の生まれ
プレイ中のゲーム:
真・女神転生IV(3DS)
パズル&ドラゴンズ(iOSアプリ)

このブログについて

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プレイしたゲーム
Twitter
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR