FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2019

Sunny Side Up

レビュー・雑記のゲームサイト

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

26

Category: ゲームレビュー

Tags: テイルズ  グレイセスf  

Comment: 2  Trackback: 0

テイルズ オブ グレイセスf :レビュー3

本編クリア!
TOGfレビューその3です。

TOGf本編をクリアしました。
中盤は少しボンヤリした印象でしたが、終盤は盛り上がりましたねー
TOAでは、ルークが今作のソフィの役回りで、皆はそれを見送る感じでしたが、
今作はアスベルが阻止。俺が引き受けると…おお…!
その後のやり取りは、とてもぐっときました。
ラムダと1対1の場面、手を繋ごうと自ら手を差し伸べるアスベルの
「お前が俺の手をとらないなら、俺がお前の手を握るだけだ(←ウロ)」。
そして、”生きろ”…良かったです。
やってみなくちゃわからない、というには相手の存在は怖い気もするけれど、
何となく上手くいく感じがするのは、アスベルの懐の深さですかね。
この暖かさがあれば、ラムダも大丈夫と思えました。
ちなみに最後のソフィの姿は、詳しく説明されていませんでしたが、
まあいっかーと。いや、クリア後に後日談を始めたら、普通に半年後で、
ソフィは子どもの姿で「自分は歳をとらない、死なない」ということに
悩んでいるんですよ! 最後までやったら、あのラストに繋がるのかなあ、
まあ繋がらなくてもいいか、とりあえずあの部分は一旦忘れることにしました(笑。
そんな後日談は、「アクセルモード」が出たところまで進行。
「アクセルゲージ」というものが追加され、50%を越えるとR2ボタンで
アクセルモード発動!アスベルは体の周りに炎が回り、
攻撃した敵が浮くという修羅モードになります。
何か「光と闇がそなわり~」という雰囲気です最強なのか
他のキャラにも同モードがあるらしいのですが、
まだそこまで進めていないのでわからないです…どうなるんだろ?
付録ともいえる後日談の戦闘に新しい要素が入っているのは
サービス満点で素晴らしいと思いました。

というわけで、ここまでで簡単に良いと思ったところ・
悪いと思ったところを箇条書きで。

●良いところ
・戦闘のおもしろさ 
 戦闘部分のおもしろさで定評のあるテイルズシリーズ 今作も抜群でした。
 前回のレビュー2でも触れましたが、CC(チェインキャパ)、
 デュアライズ、称号システム、エレスポットなど複数の要素が合わさり、
 気づくと数時間がたっている、というおもしろさ。
 私は難易度「ノーマル」でプレイしましたが、適当にガチャガチャ押しても
 コンボが繋がる、けれどボス戦などでは防御の低い仲間が死んだりする調整で、
 最後までダレることなく楽しめました。
 慣れてくると、自キャラをよりよく動かすだけでなく、他キャラの技終わりから
 続けてコンボ数増やしたり、単調になりがちな術キャラも繋ぎ方で
 技の隙がキャンセルできるとか、様々工夫しながらの操作が楽しい。
 より厳しい難易度も設定できるので、自分の腕にあわせて楽しめるのが最高でした。

・盛りだくさん、なのにしんどくない 
 戦闘だけでなく、戦闘後の掛け合いや、チャット、衣装変更、
 カルタなどのミニゲームと、楽しい要素がたくさん盛り込まれています。
 それでも、やること多すぎてわからないとか、そういうことにならないのが凄い。
 今回はA技・B技とあるけれど、子ども時代はA技のみ、青年時代に入ってから
 B技が解放されるため、一つずつ確かめながら覚えられました。
 お話も、中盤はボンヤリしていたけど、逆にその頃はメンバーも揃って、
 戦闘がおもしろい時期でした。お使いがちょうどよかった。
 色々な要素が上手くかみ合っていて、最初から最後まで
 一定の集中力で遊ぶことができる
 長く続いているシリーズならではの、すばらしいバランスだと思いました。


●悪いところ
・お話まわり
 ぐっときた台詞あり、合間のチャットやサブイベントで物語の隙間や
 心情を理解することもできて、どのキャラも好きになりました。
 マリクなんて、 最初は二枚目キャラでしたよね!?
 いつからボケ役になったのか(笑
 イメージが最初と最後で違って、おもしろかったです。
 けれど、お話自体に、もう少し意外性のある部分があったらよかったな、と
 もしくは、お話はそのままでも、演出がもうちょっと素敵だったら
 途中で入るムービーは、残念ながらいまひとつでした。
 また、細かいところだけど、血がでてない、服も破れていないのに
 「ケガ大丈夫?血がいっぱいでてる」といわれたり、
 逆に「あぶない、そっちは崖よ!」って言われるけれど
 崖なのは見たらわかるなーと思ったり、
 もう少し摺り合わせされていたら良かった。
 現状でも十分と思う一方で、さらにおもしろいお話のテイルズを
 やってみたいと感じました。

・DLC 
 イヤなら買うな、といわれればそう
 衣装1着で400円。称号つきでステアップ付き。
 通常アイテムのほかに、グレードショップで手に入る
 CC上下プラス1(2)とかアイテム上限30個とかもしっかりと用意されています。
 グレードショップって、2周目のお楽しみ要素ではなかったのか
 予想されていたとはいえ、ラインナップの手加減の無さに
 シラッとした気分になりました。
 アンチャ2にも同じようなシステムがあったんですよ
 ゲーム内のポイントで、新しい衣装や武器、「一撃死」みたいな
 スキルが手に入るっていう。けど、制作のノーティドッグは、
 絶対にこの部分をDLCで売らないだろうなと思うと、
 バンナム…みたいな、ね!
 今更ですよね、イヤなら買うな(2回目)? そうですね。
 …CCプラスと、デュアライズのお金4分の1を買いました
 何か一言文句言いたくなる、コレ!


というわけで、今年最後のゲームレビューでした。
ブツブツ言いましたけど、やっぱりテイルズはやってて楽しいですね
宝石が研磨できることを終盤で知りました(笑。
テイルズのゲーム部分の大半は、やらなくても楽しい、
やりこんだらもっと楽しい、のが凄い。
カルタ取りとか、衣装称号とれるとわかってがんばってしまいました。
売り方に賛成できない部分はあるものの、カルタに描かれた
たくさんのキャラを見ると、長年愛され、続いているシリーズだなと感じます。
来年はエクリシアが予定されているそうですが、15周年作品だけに
気合の入ったものになりそうですね。
予約はしない!(笑

スポンサーサイト

Comments

なん……ですと……
クリアしたのに……
パスカルに触れてないだなんて……

…ああっ!
うっかり、あ、いいえ!(笑
せんせいの嫁・パスカルさんを含むキャラ感想は
また明日、入れてみたいと思います~

Leave a Comment


プロフィール

はな・いちもんめ

Author:はな・いちもんめ
SF大好き昭和の生まれ
プレイ中のゲーム:
真・女神転生IV(3DS)
パズル&ドラゴンズ(iOSアプリ)

このブログについて

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プレイしたゲーム
Twitter
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。