FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2019

Sunny Side Up

レビュー・雑記のゲームサイト

23

Category: ゲームレビュー

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

「スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園」クリア!感想

ronpa2lg.jpg

プレイ時間はおよそ25時間、無事クリアしました。
ともかく前作よりアクションが難しかったので
やり直しが多く、その分時間がかかりました。
ストーリーは終盤、怒濤の展開。凄かった!

ソフト概要: スパイク・チュンソフト開発
       2012年発売のPSP用推理アクションゲーム。
       2009年リリース「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生」の続編。
       唐突に南の島へつれてこられた「希望が峰学園」の高校生16人が、
       島からの脱出をかけた仲間内での「コロシアイ」を強要される。
       前作と同様に「学級裁判」で犯人を推理・特定する本編のほか、
       サブゲームとしてアクションゲーム「魔法少女ミラクル☆モノミ」、
       仲間との交流メインのシミュレーション「アイランドモード」、
       1作目のもしもを描くサウンドノベル付き。
        
プレイ状況: PSPのDL版をVITAでプレイ。
       難易度フツウ。前作プレイ済み。


良いところ
期待を裏切らない続編
前作の面白さから高まっていたファンの期待に応える内容。
…と言うだけなら簡単ですが、尖った部分やクレイジーなところを残しつつ、
より充実した作品になっているのはやっぱりスゴイ。
より良い物をと、全力で作られた続編

◎物語
時系列では前作の後が舞台。同じ希望が峰学園の生徒達、
過去の記憶が奪われている、意味もわからずコロシアイ等、
前作とほぼ同じ設定でありながら、相当違うお話になっている。
ある人物の悪意に戦き、最終章はトンデモながら
音楽と演出が相まって、パワフルに畳み掛けられた。
最後まで展開がわからないという、推理モノのお楽しみが
詰まっていたと思う。

前作と違うのは、キャラクターが結構まともになっていて、
クレイジーさが減ったかなあと。仲間感が強かった。
おかげで、犯人がわかっても悲しさや寂しさが強く、
前作のようなオシオキのムービーをどこか楽しみにしてしまう
悪趣味な感情が沸かず、何というか…アクが足りない??は言い過ぎか。
前作のキチガイじみた感じも好きだった。

◎システム
基本は1作目と変わらず、(非)日常、捜査、学級裁判の
各ステージに新しい要素が加わって、全体にやれることが増えた。
また、学級裁判の難易度が上がっているが、途中でも変更可、
それも推理部分とアクション部分、個別に設定することができる
推理難易度は上げてアクションは下げるといった
プレイヤーの好みや腕前に合わせて選べる、有り難い仕様。
その他、セーブ&ロードはVITAでDL版(+インストール)だと
ほぼノータイム。バグ等もなく、とても快適。

○音楽、演出
音楽も前作踏襲ながら、ここというところで
アレンジバージョンが流れたり、前作よりも効果的に聞こえた。
演出は、部屋に入るたびに舞台が立ち上がる演出が
シンプルになっていて、やりやすかった。
横スクロールのゲーム内ゲームや、終盤の演出など、
プレイを単調にしない工夫がたくさんあったと思う。


残念だったところ

アクション
難易度変更はできるものの、新しく入った反論ショーダウンと
ロジカルダイブが難しかった。
ゲームオーバーの要素が体力(失敗すると減)、
タイム(規定時間内にクリア)の2つ設定されていて厳しい。
ロジカルダイブのリスタート地点はもう少し細かくても良かったと思う。

ペット
移動歩数で育つ電子ペットを
走りながら育てることになるのだが、
様子を見るのにマメにメニュー画面を開く必要がある。
画面のどこかにペットや糞の様子を知らせるアイコンなど
常時表示してくれれば。

移動
前作からだが、ホテル内など自分視点の時はLRで視界を動かしたい。
島の中の横スクロールは走り回るのがちょっと面倒だった。


まとめ
残念なところは、敢えていうなら〜ぐらいです。
正統進化した続編。やってよかったです。とても面白かった。
このテの推理ゲーが好きで、少々のトンデモや
グロいのも大丈夫という人にはオススメです。
アニメも予定されていたり、VITAで何か
出るんじゃないかとも言われているので、
今後の展開も楽しめそうなシリーズ。

VITAといえば、ダンガンロンパのアクションは
縦・横・斜めに斬ったり、一定時間ボタンを押して離したりで、
画面タッチできれば随分やりやすいだろうなと思いました。
もし今後何か展開するなら、ぜひ対応してほしい。

それにしても、面白いゲームでした。
シミュレーションの「アイランドモード」も
シンプルながら、ついついやっちゃう仕様です。
もう少し、遊んでいこうと思います^^

スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment


プロフィール

はな・いちもんめ

Author:はな・いちもんめ
SF大好き昭和の生まれ
プレイ中のゲーム:
真・女神転生IV(3DS)
パズル&ドラゴンズ(iOSアプリ)

このブログについて

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プレイしたゲーム
Twitter
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR