FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2019

Sunny Side Up

レビュー・雑記のゲームサイト

30

Category: ゲームレビュー

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

「ブレイブリーデフォルト フライングフェアリー」クリア!感想

s-BDFF_LOGO.jpg

ネタバレは、最後にスペースを開けて書いています。

ノロノロペースながら昨日クリアしました。
全ジョブ解放、オンライン要素であるノルエンデ村も
最終的には村人20人確保・総動員で完全復興!
隠しボスは倒していませんが、ひとまずこれで
プレイ終わりにしたいと思います。

ラスボス戦はレベル92で
ティズ…海賊(モンク)
イデア…ヴァルキリー(狩人)
リングアベル…商人(スーパースター)
アニエス…導師(白魔導士) 

リングアベルがBPドリンク飲みながら歌って
皆のBP回復+補助、アニエスが回復+補助しつつ
ティズが点穴、イデアがマルチバースト撃ってました。
毎ターン9999×2攻撃。

一度Game Overになったので素早さを上げ、
先制回復できるようにして倒しましたが、
時魔導士入れてリレイズ使うか
デフォルトで堅実に攻めても良かったかもしれません。

まぁそんな感じで、プレイ時間はノルエンデ村のために
スリープ放置していたのを除くと50時間ぐらい。
サブクエスト完全にやりきれば、もっとかかるでしょう。
ボリューム十分でした。面白かったです

ソフト概要: 2012年10月にスクエア・エニックスから発売された3DS用RPG。
       開発は「光の4戦士 -ファイナルファンタジー外伝-」と
       同スタッフ、ただしお話の繋がりはない完全新作。
       ブレイブ&デフォルトという新システムはあるものの
       ランダムエンカウント、ターンベース、ジョブシステム、
       FF用語のファイラ、ケアルなどで親しみと懐かさ漂うJRPG。              
        
プレイ状況: 光の4戦士未プレイ。FF3〜13プレイ済


良いところ

ブレイブ&デフォルト
基本ターンベースなのですが、
タイトルにもなっている新システムが良かった。
行動を前借りする「ブレイブ」と
防御で行動を溜める「デフォルト」
雑魚戦ならブレイブで一気に1ターン撃破、
ボス戦ならデフォルトで防御しつつ行動力を溜め、
タイミングを見て一気に畳み掛けるなど、
相手や状況に合わせて使い分ける楽しさがあった。
例)ブレイブ3回→3回連続行動し、その後3ターン行動できない
  デフォルト→そのターン防御する代わりに行動力を1溜められる。
        溜められるのは3回まで。

1ターン撃破・ノーダメージ撃破など
効率良く倒すと経験値やお金にボーナスがつくので
システムを使いこなしたくなる。
雑魚戦もボス戦も面白いシステムだった。

◎ジョブシステム
様々な職業に付いてスキルを覚えるのは珍しくないけれど、
BP管理が大切な今作には他にはないスキルや職業があって、
育成が楽しく、上記ブレイブ&デフォルトのシステムとも
噛み合っていた。
例)赤魔導士の「ターンチェンジ(回避するとBP1アップ)」+
  忍者の「空蝉之術(物理攻撃を必ず1回回避)」

個人的には補助系の魔法や職業が大好きなので
時魔導士やスーパースター(歌唱でサポート)、商人(お金でサポート)が
お役立ちの今作は好みだった。

◎キャラクターデザイン
オウガシリーズでおなじみの吉田明彦さんの描く
キャラクターの可愛らしさ。
武器変更やジョブチェンジで見た目が変わる(フィールド上でも)ので、
デザインが魅力的で良かったと思う。

○バランス
戦闘は少しキツ目ながらレベルやスキルの上がり方、
お金の溜まり方も早めで、普通にサブイベントこなす+
キツい時は少し稼ぐ、ぐらいでテンポ良く進められた。


残念だったところ

UI
親しみやすさのために
敢えてそうしているのかもしれませんが、
最近のゲームには実装されているものがなかったり
タッチペンを使わないとダメなど、ちょっと使いづらいところがあった。
例)サブイベントの進捗状況確認
  行ったことのあるマップ確認(上下階)
  飛空挺呼び出し、ノルエンデ村復興(タッチペン必要)
また、オンライン周りが、通常メニューの他に
冒険者(セーブ場所)に話しかけてでるメニュー、
ノルエンデ村復興と同じ場所にあるタッチペン操作で見られるメニューと
3か所にあり、若干分かりづらかった。

ボタン押す回数
1人目はブレイブ3回、アビリティ2回、通常攻撃1回、
2人目はブレイブ3回、アビリティ3回、
3人目は… という風に細かく指示しなければならない。
一応オートモードはあるけれど、基本的に押す回数が多いので
ダンジョン探索時など繰り返し同じ敵と戦う時は
面倒に感じた。

中盤の飽き、ダレ
展開として同じ事をしなければならない部分で少しダレてしまった。
お話は理解できるけど、プレイとしてはあまり面白くなかった。

必殺技
コマンドを選んでいる間や戦闘ボイスの間も
曲が鳴り続け、そのまま必殺技が時間切れになってしまう。
コマンド指示に時間がかかるし戦闘ボイスも飛ばせないので、
確実に効果が2ターン続くとかの方が良かった。

オンライン要素
面白かったけれど、ちょっとややこしく感じた。
ノルエンデ村で開発できる必殺技効果アップ系は
必殺技ではなく、通常武器や防具に着けられると
汎用性が高くて開発のしがいがあったかも。


まとめ
不満点が多く見えますが、細かい事ばかりです。
プレイしやすい良ゲーでした。
改善案アンケードを募るなど続編も企画されているようです(記事)。
出たらプレイしたい。期待しています。


最後、ストーリーネタバレ感想
間あけます〜























今回のお話は、シュタインズゲートの方が書かれたということで
世界線のお話でした。ダイバージェンスという技名で
ニヤリとしたりw

ただ、お話は凝っていて面白かったですけど
プレイ途中でツッコミも結構入れちゃいましたね
クリスタルはそこそこで祈祷やめたらどうなるの?とか
クリスタル解放するなって、これほどいうんだから
理由聞きたいわーとか
クリスタルを壊しても復活するよ、って
いや、それ早く言ってよ…とかw

老師様とレスター卿は事態を最後まで進めて
黒幕が出たところで叩くつもりだったということで
よろしいですか?

また、最後のシーンのティズ。
「死んだ」という感じなんですけど、どうなんですかね
P3でも似たようなアレがありましたけど、自分は個人的に
ああいう展開は好きじゃないので、う〜んとなりました。
そんな余韻はイランw

それから、シュタインズゲートでも今作でも
状況の繰り返しがでてきますが、
テキストベースのアドベンチャーでの繰り返しと
RPGでの繰り返しは労力が違うなあとは思いました。
同じボス達を何度も倒すのは、やっぱり飽きます。
自分は5章は全部倒したものの、以降は飽きてしまって
鍵付き宝箱開けるついでになってしまいました。
隠しダンジョンをプレイしているとまたモチベーションが
ぐぐっと戻ってきたので、やはり、こういうRPGは
新しい場所・新しい敵が何よりのお楽しみなんだなーと
思いましたね。

と、まあ細かな文句もありつつ
サブタイトルの「Flying Fairy」からFFじゃない(FF抜く)と
Lying Airyになるとか、羽の模様が徐々にカウントダウンするとか
これまでにない仕掛けがあって、意欲的な感じがしました。
次作がでるなら、またこういったフレッシュな方のお話で
作ってほしいな〜と思いましたね。

スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment


プロフィール

はな・いちもんめ

Author:はな・いちもんめ
SF大好き昭和の生まれ
プレイ中のゲーム:
真・女神転生IV(3DS)
パズル&ドラゴンズ(iOSアプリ)

このブログについて

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プレイしたゲーム
Twitter
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR