FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2019

Sunny Side Up

レビュー・雑記のゲームサイト

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10

Category: ゲームレビュー

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

「レイトン教授 VS 逆転裁判」クリア!感想

018_20130209210534.jpg

去年買って積んでいた「レイトン教授 VS 逆転裁判」
クリアしました。
プレイ時間はおよそ19時間。
ゲーム中にでてくるナゾは、メイン進行以外は
偶然見つけたものだけプレイ。

ソフト概要:Level5の「レイトン教授」と
      カプコンの「逆転裁判」がコラボしたアドベンチャーゲーム。
      逆転裁判の法廷パートとレイトン教授のナゾを土台に
      「ラビリンスシティ」で起きた事件の解決に挑む。
      「レイトン教授」からはレイトン教授と一番弟子のルークくん、
      「逆転裁判」からは、3まで主役だったナルホドくんこと
      成歩堂龍一と相棒の綾里真宵ちゃんが久々にメインで登場。
        
プレイ状況:3DS LL。
追加の配信スペシャルエピソードは第5回まで。
      関連ソフトはレイトン教授シリーズ初プレイ、
      逆転裁判1〜4、逆転検事1〜2はプレイ済み。


良いところ

1回限り、人気シリーズのマッシュアップ
見た目に大きな違いのある2つのシリーズですが
プレイしてみると違和感は最小限でした。

最初に両ゲームのデモ版とも呼べる展開があって、
レイトン教授未プレイな自分もレイトン教授、ルークくん、
チェルミー警部などの登場人物に馴染むことができました。
ナゾトキ含め、レイトン教授ってこういうゲームなんだと
分かりやすく紹介された感じ。未プレイでも問題なかったです。
逆転裁判はやはり「久しぶり、ナルホドくん!マヨイちゃん!」と
なりましたね^^ 逆転裁判ならではの法廷パートの面白さ、
2人の魅力は十分盛り込まれていたと思います。

両作品とも「謎を解く」「真実に迫る」という
基本スタンスが近いのもあるでしょうが、両チームが
共闘する流れは自然で無理がなかった。
2作品どちらにも見せ場があり、バランス良く楽しめました


○「ちょっと!」
システムの法廷パートから。
複数の証人が立ち並び、順番に話を聞いていくという
イレギュラーな形で、それに合わせて
証人Aの発言を聞いてリアクションした証人Bにツッコミを入れる
「といつめる」システムが面白かった。
layton.jpg
「ん?」「あれ?」と複数の人がリアクションすることもあり、
そこからさらに話が進展したり逆転したり、忙しくも面白かったです。
自分は最初、音を消してプレイしていたため
証言ごとに全証人を眺め回していたんですが(笑、
基本的に声を聞いてから「……」という
フキダシが出ている人を探して質問すればいいので、
声入りに合ったシステムだと感じました。

○キャラクター絵、アニメ
アートディレクターはカプコンの塗さんが担当されたので
全体には逆転裁判よりだったものの、
主役4人はもちろん新たなキャラクター達も魅力的でした。
証人のリアクションがちょっと大人しめだったのが
寂しいくらいw
何か所か挿入されていたアニメーションも
良いアクセントになっていました。

○音楽
ミュゼットを中心に、聞きやすい曲が多かったです。
全体に雰囲気がよかった。


残念だったところ

終盤のストーリー展開
終わってみれば、なかなかのトンデモストーリーでした。
最後の最後まで驚きの展開を…と思われたのかも
しれませんが、ちょっとご都合主義が過ぎ、
やっつけ感も感じました。
中盤までは、そうだこれが逆裁だよと
嬉しく思う充実ぶりだっただけに残念。

なるほどくんの声
映画で主役を演じられた方、声の演技は上手くなかったです。
「異議あり!」などドナリはまだしも、
台詞を言うシーンはキツかった。飛ばしてしまいました。
映画は姿があってのものだと思うので、
ゲームはゲームの内容が良くなるような
キャスティングをしてほしかったです。


まとめ
巧舟さんによる久々の逆裁シリーズ!ということで
発売日買いをしていたゲーム。
中盤までは本当にキュッとしまって良い感じだったんですが
終盤がどうにも…。
しかしドラマチックに盛り上げる感じ、先が気になる展開は
さすが巧舟さん!と思いました。
RPGやホラーなど、全然違うタイプのゲームを
手がけられたらどうなるだろう…と想像してみました。
もし出たら、きっとプレイするのになあ。
この先の作品も、楽しみにしています!

スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment


プロフィール

はな・いちもんめ

Author:はな・いちもんめ
SF大好き昭和の生まれ
プレイ中のゲーム:
真・女神転生IV(3DS)
パズル&ドラゴンズ(iOSアプリ)

このブログについて

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プレイしたゲーム
Twitter
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。