FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2019

Sunny Side Up

レビュー・雑記のゲームサイト

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

21

Category: ゲームレビュー

Tags: デモンズソウル  

Comment: 0  Trackback: 0

デモンズソウル 6

クリアしました~!

レビューその6です

9月から始まったデモンズソウルの旅
ほぼ1ヶ月かかりましたが、無事ラスボスも倒し、
エンディングを見ることができました。

エンディングの後、びっくりするくらいナチュラルに
2周目がスタートしたため(笑、もう少しやっていたんですけども。
持ち物もレベルも引継ぎで楽勝かと思いきや、
2周目は敵も強くなっていました なんてこと
どこまでも「俺Tueeee」させないぞ、っていうねw
1周目で楽勝だったボスに7連敗した私は、
残念ながらそろそろ潮時のようです
最後のレビューを書いて、まとめにしたいと思います^^

まずは、前回の「BioShock」と同じように
良いところ・悪いところを、簡単にご紹介。


●良いところ
・完成度の高さ
 この一言です。これまでも折に触れてご紹介してきましたが、
 とにかく細かいところまで考え、調整し、作りこまれたゲームでした。
 
 序盤は特に難易度が目立ちましたが、基本はすごくシンプルです。
 敵を倒して自身を強化し、各地にいるデーモンを討伐するだけ。
 ミッションやミニゲームもなく、クラシカルというか王道というべきか
 潔いほどあっさりしたものです。

 その代わり、この基本的な部分が非常にしっかりと作られていて、
 強固な足場になっていました。
 土台が強いからこそ、その上に乗せたオンライン要素、ソウルシステム、
 ムービーなどの新しい要素・演出も崩れることなく機能し、噛み合って
 完成度の高い作品になっているんだなと感じました。
 
 ここ最近、メーカーやゲームがらみのガッカリニュースが多いです。
 そんな中、この作品からは「良いものを作りたい」という気持ちが
 溢れるほど伝わってきました。
 リリースされたのは去年ですけどねw、
 出し惜しみ一切なしの、試行錯誤と調整の末にできたものだということが
 殺伐とした雰囲気のこのゲームにいっそ豊かさを与えているような、
 そういう贅沢で、素晴らしいタイトルだったと思いました。

 
●悪いところ   
 ・難易度の高さ
 やっぱりこれです。マゾゲーだなあと(笑 半端なく死ねます
 もちろん上手な人はいると思うんですけども 
 まあ、大多数の人はそうではない。そうじゃないように作ってあります。
 以下、難しく感じた理由を大きく2つ。 

 1)アクションの比率が高い
 ARPGというジャンルについて、個人的にはアクションとRPGの
 イイトコどりというイメージです
 それぞれのおもしろさを抽出しているというだけでなく、
 アクション(プレイヤーのスキル)が厳しい場合は
 RPG(ゲームキャラのスキルアップ)で補うという、
 両輪でやれる安心感があるような

 デモンズソウルでは、このRPG部分がアテにできません。
 育てて明確にわかるのはHP/MPの増加で、他の筋力なり知性なりは
 装備できるものの種類・数を増やすという方向に向けられています。
 重い武器を扱える・装備できる魔法の数が増える、といった具合です。

 戦術の幅・攻撃力があがるのはいいんですが、問題は防御力の低さです
 武器は鉱石などを加えて強化できる(最近流行の感じです)けれど
 防具はアップできないんですね 軽装だったら2発で死ぬ、
 重装でも3発で死ぬ、という感じで、ザコ戦から紙装甲状態
 回避・ガード(アクション)がしっかりできないとダメで
 他に手が無いのが辛かったです 下手ほど食らってしまいますから
 また、高所からの転落ポイントも山盛りなので、
 その辺も含め、的確に立ち回りができないと辛いという感じです


 2)回復アイテムについて
 上と連動していますけど
 アクションが苦手だと、当然やりなおし回数が増えます
 繰り返しの辛さに加えて、武器防具は劣化していき、
 回復薬をたくさん消耗し、なのにソウルの回収に失敗したりと、
 マゾさが倍増します^^;
 特に回復アイテムはやり直しても消費されるのが辛かった
 買おうにも、上位の回復アイテムを売っている人は
 エリアを探索しないと出てこない&ボス倒したら居なくなったりもします
 回復アイテムはもう少し安く、かつ買いやすい状態だったらいいのにと
 何度も思いました。
 この辺りはリアリティよりもゲームシステム優先でよかったのでは

そのほか、右スティック押し込みのターゲッティングがちょっと使いづらいことと、
2周目は難易度選べたらよかったのに、ということでしょうか。
少なくとも、1周目と同じ(ノーマル)/ハード の2択は欲しかった
魔法や武器を全部揃えるには4周しなければいけません
2周目からは楽々プレイでもいいんじゃないのーと思いました(笑

ホント、この難易度については、
プレイしている間、何度も考えてしまいました。
明らかにプレイヤーを選ぶ仕様なんですよね 難易度設定もないし
けれど、デモンズソウルは、この難しさが演出やゲーム性の一部になっていましたし、
評価の高さに繋がっています
もし初回から設定できた方がいいか、と問われたら、
ハッキリ「無い方がいい」と答えられる位です

誰でも遊べるように難易度設定を用意するか
ゲームの内容や表現を優先するか
デモンズに限った話ではないけれど、
それでも今回、難しさを「悪い部分」としたのは、
最後まで遊べない人がいる作品は、良いとは言えない
…という風に思ってみた…というところです(曖昧)

私自身、デモンズソウルはおもしろいと勧められ、
チュートリアルやって、評判もいいゲームで
しかも難しいことを知っていてはじめたわけです。
これ以上ない位の良い状態でスタートしたのに
やっぱり辛くなったので、勧めずらい作品なのは間違いないです。
冒頭から何十回も死んでもやれる人って、相当ゲーマーですからね!w
私もほぼ意地で進めてたとこありました(笑

デモンズちょっと興味あるという方は、
攻略wikiにデモンズソウル適性テストがあるので
まず、そちらを試してみても良いと思います
 デモンズソウル攻略wiki
  
まあ、そんなわけで、何度も苦しんだけど、
プレイして良かったと思える傑作ゲーでした。
何とかクリアもできましたしね…それも含めて良かったです^^
まだまだプレイしている人も多そうなので、適正テストで
いけそうと思った方は、ぜひチャレンジしてみてください。


そうそう、「人が多そう」というところで
ソウルシステム(ソウル傾向)について最後に触れておきます
デモンズソウルでは、キャラの行動により、
ソウルが白方向・黒方向に変化する…って難しそうですが
他ゲーでいうとWIZの善・悪、メガテンでのロウ・カオスです。
プレイヤー自身と、各エリアにもソウル傾向があり、
白/黒に偏らせることで行けなかった部屋にいけたり
レアアイテムの出現率が変わったりします。
NPCが登場することもあります。

白←→黒の変化は、大きくはエリアのデーモンを倒すことや
生身で死ぬ(プレイヤーはソウル体と生身、2つの状態でプレイできる)ことで
少しずつ変わっていくのですが、おもしろいのは、
この変化をオンラインプレイでも行うことができるという点です。
マルチプレイのほか、他のプレイヤーの世界に侵入して
プレイヤーを殺すと黒に、逆に侵入してきた者を倒すと白に近づきます。

私は6回ほど侵入されましたが、1回しか勝てませんでした^^;
逆に、やめる前にーと思って2回ほど侵入してみたんですが、
圧倒的に瞬死されましたw
攻めていったはずなのに、もう「待ってました!」ぐらいの勢いでですね、
思わず笑ってしまいました

攻略サイトによるとLv100~120ぐらいがアツいとのことですが、
それ以下でも十分マッチすると思います
生身でいると、もう10~15分ぐらいで侵入されましたから
自分からのときも3回ぐらいトライすれば侵入できました
オンライン興味ある方は、まだ大丈夫だと思います
トライしてみてはいかがでしょうか?^^


Demon's Souls(デモンズソウル) PlayStation 3 the BestDemon's Souls(デモンズソウル) PlayStation 3 the Best
(2010/02/25)
PlayStation 3

商品詳細を見る


10/22:分かりづらい部分に少し加筆しました
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment


プロフィール

はな・いちもんめ

Author:はな・いちもんめ
SF大好き昭和の生まれ
プレイ中のゲーム:
真・女神転生IV(3DS)
パズル&ドラゴンズ(iOSアプリ)

このブログについて

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プレイしたゲーム
Twitter
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。