FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2019

Sunny Side Up

レビュー・雑記のゲームサイト

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

18

Category: ゲームレビュー

Tags: MassEffect  

Comment: 2  Trackback: 0

「Mass Effect 3」ー終焉への旅 その1

シリーズ最終章となる「Mass Effect 3」
マルチプレイ込みで16時間ほどプレイしましたので中間感想を~
mass-effect-3-screenshot-vga-2010-trailer.png

何か言いたいことが山盛りなんですが、まずここまで熱心にプレイしています
物語を追って先へ先へと進みつつ、その日のシメにマルチプレイをやっていて
時間を忘れる程集中できています。

前作・前々作と比較して
自由度が低くムービー多めの一本道のゲームになっています。
システムが変わったわけではない
従来通り複数のミッションからプレイするものを選ぶことはできますが、
選択肢にでてくるミッションが少ない(※攻略を見ずにプレイ中)。
会話の選択肢も事情を聞いていることが多く、
選択していると感じるケースが過去作より少なめです。
ムービーは多めで、アンチャ的なQTEなどもなく
完全に見ている時間があります。
me3mpspacescreen.png
ギャラクシーマップ。各星系は一定以上探索するとリーパーが登場
探索が楽になったというより制限がかかっている印象


では、その変化がつまらないかというと、そうでもない
一本道な分物語への没入が深く、今のところ物語自体面白いため
先が気になり、集中してプレイできています。
派手なムービーはシリアスで重いシナリオの気分転換になっている
ムービーの内容がスピード感があったり
仲間キャラの見せ場になっているものが多いのも良い。
グラフィックはこれより奇麗なものが登場しているので
凄いと思うことはないけれど、印象的な風景はたくさんでてきます。
ボタン押し込みで進行に沿った風景を見せる要素も加えられていて、
トゥーリアンの星をバックに巨大なリーパーの姿など
他にはない絵が見られるようになっています。

というわけで、ここまではムービー多めで自由度低め
RPGといってもFF的な物語を見せるタイプのゲームに感じられます
思ってたのとちょっと違うな~という印象を持つ人もいそうです。
個人的には最初に書いたように熱心にプレイできているということで
過去シリーズより自由度が下がっていても、十二分に楽しめていると思う。


物語について
大きな出来事に巻き込まれ、英雄となった1
瀕死の状態から復活し、仲間を集めた2
では3はどうなるんだろう…と、プレイした人はそれぞれ
こうなったらいい、という希望も含めて内容を想像してたと思います。
自分は、何となくですが派手な展開が待ってると思ってました。
リーパーの存在に半信半疑だった人々の前に実際にリーパーが現れ、
その姿を見ることでようやく一致団結!2で集まったメンバーとシェパード大活躍!
艦隊戦もあるよ!(・ω<)☆ みたいに思っていました
ホップ、ステップ、ジャンプ、3段跳びの一番大きなジャンプを期待していた
ところがあったんですが、今のところそういう方向ではないようです。
大きな危機を前に、各種族はよりいっそう保守的に、自己中心的になっていく
地球が攻撃されているんだ、みんなの協力が必要だと訴えるシェパードに対し、
地球が攻撃されている間に自分達の星を守る準備を整えることができるね悪いけど、
そんな答えは想像してなかった。けどリアルです
実際その状態になれば、そう考える者もいるかもしれない。
今作では各種族の思惑や政治的な動きが大きく描かれ、
その間に立つシェパードも派手な活躍より苦悩が目立つ印象


また、かつての仲間達は、数人がシェパードと同行してくれているものの
ほとんどは自分の居場所や役割を見つけ、遠いところで頑張っています。
ミッション先で彼らと遭い、協力しながら、それぞれの問題や
1から語られてきた課題の解決を見る。
広げた風呂敷を1枚1枚畳んでいく形で物語が進むため、
プレイしながらちょっと懐古っぽく寂しい気持ちになったり(笑。
それでも素晴らしい風呂敷だったと思えるものは登場しています。
トゥチャンカでのミッションは、心に残るものでした。
ゲームで語られたシナリオの中では自分的には屈指の内容
新しく登場した女性クローガンのイヴは大好きなキャラになりました^^

さあ、最終決戦!みんな行くぜ!という感じではない、
派手さよりも戦いで失われる命や絶望の中での希望といったものが
強く描かれている今作。
結末はどうなるかわかりませんが、自分はトゥチャンカのミッションで
すでに満足しているところがあります(笑。
バトル部分などまだ触れていないところもありますが、
とりあえずこのまま最後までプレイしつつ、感想書きたいと思います。

スポンサーサイト

Comments

自分もトゥチャンカのミッションは良かったんですが
その後も犠牲が伴うのが、うむむ・・・という感じですかね
自分もどちらかというと、ホップステップジャンプを期待してたので
今のところ面喰らってる感じがありますね~
とりあえず楽しめてはいるんですけどねw
そうですね、犠牲が続くところがちょっと「うむむ」というか。
自分も何だかんだで楽しめてますねw
旦那から電話がかかってきた時、マルチプレイ中だったので出られず
怒られたりしています(笑…ってられない!

Leave a Comment


プロフィール

はな・いちもんめ

Author:はな・いちもんめ
SF大好き昭和の生まれ
プレイ中のゲーム:
真・女神転生IV(3DS)
パズル&ドラゴンズ(iOSアプリ)

このブログについて

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プレイしたゲーム
Twitter
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。