FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2019

Sunny Side Up

レビュー・雑記のゲームサイト

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

03

Category: ゲームレビュー

Tags: batman  

Comment: 0  Trackback: 0

「バットマン:アーカムシティ」感想その2

ストーリー進行度45%!かなりのんびりプレイとなっています
「バットマン:アーカムシティ」感想その2です
arkhamcityshot15.jpg

メインストーリーは、ラーズ・アル・グールの試練をクリアしたところまで。
いや~、ボス戦は前作より面白くなっていますね!QTEかと思う簡単さはあるものの、
前作のタイタン推しよりはるかに工夫されていると感じます
正直、最初は前作の1本道タイプの方がよかったんじゃと思うこともあったんですが、
それもはや、杞憂だったというレベルです。
全力で 前作以上に充実したゲーム!
濃さは前作同様、操作性と演出は前作越えという内容です
あえて文句を言うなら、前作もそうですが、バットマンが活躍するのは夜なので
風景がずっと夜だということですかね…(笑
オープンワールドの景色は素晴らしいけれど、プレイ時間が長くなるほどご飯食べたいとか
ちょっと寝たいとか、普通の生活ですることが頭に浮かんでくるんですよねw
これはFF13の街が欲しいに近い感じかなあ
まあ、昼間にバットマンは活躍できないのでしょうがないんですがw、
逆にシナリオは、この環境を活用して「一晩(一日)で解決する(しないとダメ)」という
内容になっているため、良い感じで進行しています
シナリオってやっぱり大事だと思いますね
この辺りはまた、できれば年末まとめで書きたいところです
「ゲームのストーリーなんてこんなもんだ」って意見をたまに見るんですけど、
それはちょっと諦め過ぎじゃないかと思う2011年末のお話

そのほか感動する部分は多々あって、中でも特筆すべきなのは
ゲームの中で大きな割合をしめる強化されたフリーフロー・コンバットシステムです
もう格段におもしろくなっています…触れば分かるレベル!
元々コンボを繋げば繋ぐほど威力がでてくるシステムですが、
憎いのは(笑、コンボを繋ぐだけならワンパンチ(PS3なら□ボタン)→回避→
ワンパンチを丁寧に繰り返せば50コンボも余裕というところです
だから、ゲームクリアするだけならそれほど困らないけれど、それじゃやっぱり面白くない!
前作以上に豊富に用意された攻撃手段をどうしても使いたくなるわけです
前作から引き続き8(スキル入手で5)コンボから繰り出せる各種必殺技のほか、
今作からはクイックファイアー・ガジェットというモードで
ワイヤー、液体爆弾、電撃なども使えるようになっています
多彩な攻撃手段でバトルを終えると、その種類に応じてボーナスがつき、
より多くの経験値が手に入ることもあり、使わなくてもいいけど、使えるなら使いたいじゃないw
batman_arkham_city_68_605x.jpg
刃物を持っている人は黄色いビリビリマーク ブレードドッジで回避カウンター(3連続でテイクダウン)

それにしてもバットマンのヴィランは皆、癖があって魅力的ですね
ラーズ・アル・グールなんて、ヨボヨボの姿から若返って力強く再登場したり
ある意味、全人類のあこがれかもしれませんw
そのほか、決して死なないとか、植物を操れて誘惑の力を持つとか、実験台にされても
奇跡的に1人だけ生き残ったとか。
人気キャラのジョーカーについては、金が欲しいんじゃないんだと
紙幣を燃やすシーンが映画(?)にあると聞いて興味が沸きました
FF9の名台詞「誰かを助けるのに理由がいるかい?」の逆ですね
悪いことするのに理由はいるか? 恐ろしいことに答えはNOです
そんな彼が、バットマンに俺たちは友達のはずだ、仲間になろうと言う辺りが良い(笑
敵側も魅力的なところが人気タイトルなんだろうなと、
そんな事が頭の隅に浮かぶほど、今作にはたくさんのヴィランが登場しています
メインはもちろん、サイドミッションや、ちょっとした顔見せで
出てくるキャラもいます
このスイッチを押せばどうなるのかなー思って押したスイッチで
前作でさんざん追いかけまわされたキラークロックが壁を壊して
登場した時は、びっくりしながらもウケましたねw


また、今作で最も強化されているものの1つが「ガジェット」ですね~
移動に使うグラップネルガン(グラップルかと思ってた!)から射出される
ワイヤーのほか、平行移動できるワイヤー、暗号を解いてロック等を外す暗号シーケンサー、
液体爆破ジェルなど前作からのガジェットが相当使いやすいほか、
スモークベレットやジャミング、連出ですがコンピュータにアクセスして
現在市内で利用されている電話を探知するなど、豊富な技術を使いこなす万能感は
すごいですね

とりあえず、バットマンのファンでなくても、十二分に楽しめる内容です
アクションゲーム好きの方はぜひ!!

スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment


プロフィール

はな・いちもんめ

Author:はな・いちもんめ
SF大好き昭和の生まれ
プレイ中のゲーム:
真・女神転生IV(3DS)
パズル&ドラゴンズ(iOSアプリ)

このブログについて

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プレイしたゲーム
Twitter
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。