1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2018

Sunny Side Up

レビュー・雑記のゲームサイト

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01

Category: ゲームレビュー

Tags: テイルズ  エクシリア  

Comment: 4  Trackback: 0

プラチナゲット~ 「テイルズ オブ エクシリア」:感想まとめ

2011年09月30日(Fri)11時20分35秒
「テイルズ オブ エクシリア」クリア~
まとめ感想です。ネタバレしてますのでご注意ください。

2週間少しで無事クリアしたわけですが、まず今回は、
作品の出来関係なくプレイの仕方を間違えた^^;
割と初期の段階でトロフィー取れそうだなと思ってしまったのが、
ちょっと失敗でした。

稼ぎながらいこうと思いつつ、それでも1周目は攻略サイト等見ないようにしていたので、
ひたすら戦闘をし、素材やアイテムを集めて、
何かハクスラ系のゲームをやっているような感じになってしまったんですよね
結果的に2度手間・3度手間になってしまった部分もありました
例えば落ちているアイテムを集める「ペタトレジャーマン」
(アイテム800個取得でトロフィー獲得)
1周目722個で2周目にアイテム拾っても増えないため、
とってない所をとらないと、と思い1周目以上に丁寧にフィールドを走り回るハメに
ところがそれでも足りないので調べてみたら、街の中で拾えるアイテムも
含まれていたという… 宿の引き出しとか全然見てなかった!基本、大事!
1周目終わったデータで全体を巡り直せば、多分達成できてたと思います。

やっぱり物語主導のゲームは、まず素直にお話に沿って進めるべきだと
改めて実感&反省した次第です。

そんなわけで、ちょっとずれたプレイをしてしまった今作ですが、
プレイ後の感想は私も使わせていただきます
「いつものテイルズ」
他の言葉も探したけれど、やっぱりコレが一番しっくりきます。
プレイ中はお料理がアイテム化していたり、
小言めいた文句も色々あったんですけども
終わってみれば、いつものテイルズでしたね
評判のいいところ、今ひとつと言われるところ、今作も変わりありません。


良いところ

個性的な戦闘

参考: 感想1 感想2

テイルズ最大のウリと言われる部分です
今回はノーマルでも相当難易度が低いことや、
後半にはどのキャラにも便利スキルが揃ってきて
ACもTPも意識しなくなることもあり、ちょっと大味だと感じましたが、
それを補う爽快感がありました
今回も楽しかったです。

ワールドマップからの一発移動

一度行った街やダンジョンに、ワールドマップからすぐに移動できます
ミッションなどで別の街に行くのも、必要な素材を集めるのにも便利でした。
「アイフリードの秘宝」など収集物を拾った場所がマップに
記載されるのもありがたく、とったかどうか確認できて集めやすかった

ショップビルド

素材またはお金をお店に入れることでお店のランクがアップし、
品揃えが増えるシステム。
素材を納めてランクアップさせるのが地味に楽しかった
後述するマップの単調さも、素材を拾うことでちょっとマシに感じられました


残念だったところ

尻すぼみの展開

1週目ジュード・2週目ミラを主人公にしてのストーリーは、
それほど悪くなかったと感じます
2周目にミラを主人公にして進めると、色々補完され、
ジュード編では深く語られなかったミラ、そしてアルヴィンについても
描写されて、しっくりくる部分もありました。
それでも初回、ジュードを主人公にして進めた時は、
メンバーは揃うものの薄暗い雰囲気の中盤から
鬱でやたら長いムービー+イベント、
急展開すぎる後半、何となく終わるエンディングと、
物語が進むにつれ気持ちが下がる展開
エンディングテロップを見ても「いいハナシだった」という感想が浮かばず、
かといって、さあ2周目!という強い何かがあったわけでもなく、
2周することが前提のお話だとしても、1周目終わった後の今ひとつ感は
相当強かったです。

物語だけでなく、全体の作りもありました
物語が始まる街「イル・ファン」こそ幻想的な雰囲気で
気合いの入ったものでしたが、その後の街はいつも通り
特に、いる人が違うだけで全く同じ作りの港、
貼付けただけのコピペマップは、やっぱり白けます
プレイ時間が長くなるほど、フィールドに居る時間が長くなり、
ボディブローのように効いてきました。探索の楽しみもないですしね
しょっぱかった。

……と、目立つ不満もありましたが、
フルに2周し、何だかんだでプレイ時間も90時間を越えています
「テイルズ オブ エクシリア」は、傑作ではないかもしれませんが、
お値段分、十分遊べる・楽しめる内容だったと思います。
…言い方嫌らしいw

ただ、15周年作品ということで、いつもよりシリアス目で
サブイベントも、以前のような「うしにん」とか
ウェイトレスになるミニゲームなどはなく、テイルズのかわいらしい遊びの部分が
削られているのがちょっと寂しかったですけどね
これからも、楽しいシリーズであってほしいと思います。
あと、お料理は復活熱烈希望です


最後に、各キャラクターの印象を書いて、締めにしたいと思います。

ジュード:
今作の男性主人公。戦闘では抜群の強さを見せてくれました
お医者の卵という設定で、偶然ミラに出会い、巻き込まれていく
おせっかいキャラ。
道中、胡散臭過ぎるアルヴィンくんに対し、煮え切らない態度を取るのが
どうも嫌だったんですが、2周目に、「人に関わりたくておせっかい」
「嫌われたくないと思ってる」というレイアの分析で
ちょっと納得しました。そういえば、巻き込まれた後も我慢してましたしね。
後半、急に大人になってましたが、ちょっと無理矢理でした
ジュードは立ち位置としては傍観者タイプの主人公だったのが
後半から前に出てくる…けれど、先頭に立って戦う理由が
今ひとつ弱いため、座りが悪い感じでした。
最後に主人公らしくしすぎたのかなあ

ミラ:
精霊の王を名乗り、四大精霊を使役する、強く美しく気高い女性主人公
という中二設定はこそばゆくて好きでした
けど、ジュード編では使命優先で人間味がなく感じられ、
皆が強く慕うことに今ひとつ共感できなかった
ミラ主人公編では、彼女の迷いなども描かれて、ぐっと良く感じられました。
彼女は、世界の有り様と自分自身が密接に関係しているため
ジュードよりも戦う理由がはっきりしていて、
マクスウェルである自分を貫くというところで揺るぎなかったように思います。

アルヴィン:
ジュード編では、一時、あのニヤけた顔を見るのが嫌だと
感じるぐらいのダメッぷりでした
が、ミラ編ではイライラした顔、冷たい顔など正直な
気持ちを表す描写があり、また、2周目でサブイベントを
全部見たのもあって、理解はできると思いました
生き方に迷っている人を代弁するようなシーンもありました。
イスラさん関連のイベントは本編もサブも
すごいドロっとしてましたね怖い

エリーゼ:
後半になるまで定期的に痛々しいイベントが待ち受ける
ティポの正体がわかる辺りは、一瞬どうしようと思うほど悲しい感じでした
けど、途中ひねくれるところも、アルヴィンくんと仲良くしてくれるところも、
最後学校へ行くところも、かわいかったですね~
今作で一番好きなキャラです

ローエン:
伝説の軍師だったおじいさん
ジュードはミラやガイアスを大人だというけれど、
一番の大人はもちろんこのローエンです
冗談も言う柔軟なところが最高でした
目立つシーンはなかったけど、術使いの戦闘メンバーとしても良かったです

レイア:
ジュードの幼なじみ。明るく元気で、優しい子でしたね
エリーゼに声をかけたり、荒れたジュードのそばにいたり、
歩み寄って助けようとするところが素敵でした

ガイアス:
病んだミュゼを側に置く度量のある王様
ラストより、途中の戦いが厳しかった、強かったです
けど、嫌いじゃなさすぎて、戦う気持ちにあんまりならなかったのが
微妙といえば微妙でした
あと、三国無双にいてもいいと思う


カラフルなキャラクターはテイルズの華!
以上、主なキャラクターの印象でした。

スポンサーサイト

Comments

プラチナ獲得おめでとうございます~
そろそろあちこちでテイルズのプラチナ獲得記事が出てますね~
次は何をされるんでしょうか~?
どうもです!
テイルズは時間と手間だけでとれました
っていうかトロフィーの内容がそんなのばっかりでした^^;
次はとりあえず「ico」ですw
ボダランもやりたいんですね~
は、はやい! おめでとうございます!
RPGは手間と時間(ry)なのはそういうものですよねー
まあその、手間のレベルにもよるわけですが……
全モンスター、スペクタクルズとかは勘弁していただきたかった(ヴェスペリア

次はこっちへおいでよぉ~
(ダークソウルの沼から手招きしながら)
効率よくやればそれほどでもなかったと思うんですよ
中途半端に手をつけたのがダメでしたね、称号ばっかり確認して
ヴェスペリアはがんばったけど80数%止まりでした!(図鑑失敗)

ダークソウルは出来良さそうですね~
けどデモンズより難易度上がってるんですよね…迷います

Leave a Comment


プロフィール

はな・いちもんめ

Author:はな・いちもんめ
SF大好き昭和の生まれ
プレイ中のゲーム:
真・女神転生IV(3DS)
パズル&ドラゴンズ(iOSアプリ)

このブログについて

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プレイしたゲーム
Twitter
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。