1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2018

Sunny Side Up

レビュー・雑記のゲームサイト

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

31

Category: ゲームレビュー

Tags: Portal  

Comment: 3  Trackback: 0

ポータル2:感想まとめ

「ポータル2」、クリア!

感想まとめです。
ネタバレは極力避けていますが、ストーリーには触れています。

シングルキャンペーンを無事クリアしました~

    感想1は コチラ
感想(呟き)は コチラ

博打半分で買った「ポータル2」
終わってみれば一言、 素晴らしかったです
特にラスト、エンディング近くのシーンは圧巻でしたね
ネタバレは避けたいので気持ちだけの表現になってしまいますが、
1SHOTの、わずか一瞬の間に様々な感情が一気に湧き上がり、
最後に「うん、そうだ。……そうだよなァ!!(笑」となりました。
できる!っていうw 興奮で、気づいたら、腕に鳥肌が立っていたり
何という想像力なのかと、感動しきりでした。

というわけで、もう既にベタ褒めなんですが、
簡単に、良いところと残念なところを。

良いところ
ストーリー、デザイン、パズル、音楽、すべて良かったです。
特に大きく目立つストーリーとパズルについて

・ストーリー
続編となる「ポータル2」ですが、今作からプレイしても十分楽しめました。
物語は自分視点で、自分自身はしゃべらないのですが、
女性タイプのGLaDOSと、男性タイプのWheatleyというロボットがでてきます。
この2人が個性的でいいキャラでした。
pressdemo_glados0033a.jpg
中央、白くて黄色い目のGLaDOS
感想1で書いた自分を恨んでいる存在が、このGLaDOS
非常に知的で、皮肉や嫌味を言ったりします。
例えば、本人曰く"ゆっくり拍手機能"を備えているらしいんですが、
「私には"ゆっくり拍手機能"が備わっていますが、しばらく使っていないので、
動作するか、試してみましょう。
…こんな事態を引き起こすなんて、あなたって本当に素晴らしい人ですねぇ!
【パン、、パン、、パン(ゆっくり拍手)】
ああ、ちゃんと機能するようですね、よかった^^」という、ものすごい遠まわしな
嫌味を言うのに使われます(笑…それは機能なのか
img2529_11.jpg
こっちはおしゃべりWheatley。コミカルで親しみやすいキャラ
ゲームでは、この2人との会話を挟みながら、ゲームの舞台である
「アパーチャサイエンス研究所」と、そこで自分が行っているテストは
何かを知ることに。先が気になる物語というだけでなく、ポータルの使い方
(パズル)が、ある時はテストであり、ある時は施設の移動方法、ある時は
逃げる手段と、場面によって少し違う意味を持っていて、パズルと物語が
一体となったアドベンチャーを最後まで楽しむことができました。

ただし、やはり続編なので、よりよく理解するには1からプレイした方が良いようです。
例えば、GLaDOSは、前作にも登場したキャラだそうで、1からプレイすれば、
なぜ恨まれているのかも分かり、冒頭からスッとお話に入れそう
また、「アパーチャサイエンス」という研究所は、同じvalveが作った
「ハーフライフ」にも出てくるらしく、この辺りも
valveの過去作をプレイした方はニヤリとできる作りになっているようです。

・パズル
ポータルガンを使ったアクションパズルは、冒頭から分かりやすく
説明&体験でき、ヒントも色々とあって、最後まで自力で解くことができました。
「あっ!」とひらめく瞬間がやはり最高
青&オレンジの基本のポータルに、ジャンプできるジェル、滑るジェル、
通路になるビームなど、色々な要素があり、飽きることはありませんでした。
portal-2-screenshot-1024x576.jpg
また、後半になるにつれ、どんどんアクション性が高まって、
パズルを解いているというよりアクションゲームの感覚が強くなりました。
特に高所からの落下&ジャンプがやたらと楽しい…
床にポータルをあけて高所から飛び降りると、その落下スピードのままで
もう1方のポータルから飛び出ることができるため、
自分視点でマリオやってるみたいな感覚にw
タイミングを計ってポータルを撃ったりも、簡単なのにおもしろかったです。

残念なところ
ほとんどありませんが、いくつか。

・酔い注意
自分視点なので、酔いやすい方、そして相当高所から落ちるので
高所恐怖症の気がある方はちょっとキツかもしれません。
パズルで悩んだりすると、ポータルを撃つ場所を探して
上下あちこち見回すため、酔います。

・リプレイ性が低い
パズルなので1度やると解き方がわかるのと、内容が濃いので、
すぐに2周目をやりたい気持ちにはなりません。
悪いというのもちょっと違いますが、最初のプレイが全力でおもしろい。
トロフィーに「~のパズルを~秒以内にクリア」のようなものが
いくつかあるので、それは2周目のモチベーションになるかもしれません。
また、このゲームはオンラインで協力プレイが楽しめるので、
シングルキャンペーンの後、続けてそちらを楽しむ方は
全然問題ないと思われます。

・字幕
吹き替えではなく字幕です。普段はいいのですが、マップによっては
アクションが忙しくて、字幕がほとんど読めませんでした。
Wheatleyがしゃべってる間にタレットの声が入る場面など
複数同時にしゃべるところもあり、元の英語音声も味があっていいけれど、
吹き替えでプレイしてみたかったです。


…というわけで、「ポータル2」感想まとめでした。おもしろかった。
元々それほど期待して買ったゲームじゃないのもあるんでしょうが、
今もゲームのラストで感動するなんて、思ってもいませんでした。
パズルゲームは、シンプルでサイズの小さなものという
思い込みもあったのかもしれませんね。ゲームを進めるごとに
予想しない景色や物語が広がって、最後の最後、
エンディングの歌が終わるまで惹き付けてくれました。
「ポータル2」は、大仰なムービーなど目立った派手さはないものの、
作ってくれてありがとうといいたくなるような、手触りの良いゲームでした!^^

スポンサーサイト

Comments

私も遊びたい・・・ゲームですね。
portalといえばエンディング曲ですよね。
2の曲も気になるー!!!!

最近のゲームでは表現が向上してるはずなのに、昔のような感動が少なくなったようにも思います。
これは単に自分が年をとった、だけではないような気もします。
それを思い出させる意味でもportal2はよさそうだなあ。

あ、co-opはどうでしたか?
こんにちわ~ じくろぐDiary管理人です。
この度相互リンク依頼ありがとうございます!
リンク&RSS設定完了いたしましたのでご確認ください。
今後ともよろしくお願いします!
>dafさん
2の曲も相当いいですよ~ぜひぜひ!
感動については、やっぱり慣れもあるのかもしれませんね
ゲームは旅行みたいなものと思ってみたり
逆に、例えば毎年ハワイへ行く人みたいに、本当にそのゲームが気に入ると、
新鮮さはなくともずっと楽しく遊べるのかもしれません。
…とりあえず言ってみました(笑 来月には違うこと思ってる気がします
co-opはやってないんですよー、オンしたことないんですね。
デビューしそこねています。

>ジークさん
ありがとうございます、確認させていただきました!
ただ一点、申し訳ないんですが、RSSを外していただけたら
大変ありがたいです(ヘタレ)。
お願いするときに書いておくべきでした、
お手数かけてすみません!
今後とも、どうぞよろしくお願いします~^^

Leave a Comment


プロフィール

はな・いちもんめ

Author:はな・いちもんめ
SF大好き昭和の生まれ
プレイ中のゲーム:
真・女神転生IV(3DS)
パズル&ドラゴンズ(iOSアプリ)

このブログについて

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プレイしたゲーム
Twitter
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。