FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  12 ,2018

Sunny Side Up

レビュー・雑記のゲームサイト

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

23

Category: ゲームレビュー

Tags: Portal  

Comment: 2  Trackback: 0

ポータル2:感想その1

今日は朝からずっと雨~。
薄暗い、ちょっと寂しい感じ。

というわけで、こんな日は静かにパズルもいいもんです
先週木曜日発売の「ポータル2」感想その1です。
ネタバレはしていませんが、ストーリーに少しだけ触れていますので
ご注意ください。

「ポータル2」は、2007年に発売されたアクション・パズル「ポータル」の続編です。
制作は、ゲームニュースなどでよく名前を見る「Valve」
作品ではポータルのほかにハーフライフやLEFT 4 DEADなども有名ですが、
私はこれが初Valve作品となります。
評判に乗ってみたものの、好みかどうかまったくわからず、しかも
私はパズルゲームは得意じゃない!ということで、

・評判のよい作品…↑↑(期待大)
・アクション…→(それなり)
・パズル…↓↓(かなり不安)

という、プラマイゼロの状態でスタートしました。
そして現在第4章、クリアしたパズル面10を超えたところでの感想です。
「ポータル2」は

ものすごく完璧なゲーム です。

神ゲーという意味ではないです。逆に、完璧っていうと
何か面白みに欠けるイメージもあるとおもうんですが、それでもないです
お茶目なロボットがでてきたり、冗談まじりのかわいらしい部分もある。
なのにプレイしていると、そういう所も込みで、怖いくらい隙がない感じがする。
無機質で、知的で、ユニークで、ある程度リラックスできるよう、
完璧に計算されていて、そこに狂気が混じっている
これまで味わったことのない独得の雰囲気があります。
P-015.jpg
壁に見えるTESTの文字。何のテスト?

そんな、まるで誰かの手のひらの上という気分が、
ポータル(出口、入り口)」を使って脱出するという
ゲームの内容にものすごく合っています。
主人公である「私」は、何らかの事情でコールドスリープしていたようなんですが、
ある日起されてみると、部屋がめちゃめちゃになっている。
何があったのか、どうしてここにいるかの説明はなく、
とりあえずロボットに急かされるまま、「ポータル」のシステムを使って
脱出を試みることに。ここからパズルがスタートします。

ルールはシンプルで、「ポータルガン」で青とオレンジの
2つのポータル(穴)を作りつつ、扉を開けるためのアイテムなど
必要なものを入手し、パズル部屋を順番に脱出(クリア)していきます。
青とオレンジのポータルは繋がっていて、青から入ったらオレンジから出る、
オレンジから入ると青から出る仕組み。
例えば1階に青のポータルがあり、3階にオレンジのポータルがあれば、
階段や梯子がなくても1階から3階へ行けるというわけです。
入り口・出口指定のどこでもドア。
P-001-1.jpg
繋がっているので、ポータルを通ろうとする自分自身が見える。
最初は意味がわからなかった!


ただし、便利なアイテムだけに、制約が設けられています。
制約1:ポータルは白い壁・床・天井にしか開けられない
制約2:ポータルは青1つ・オレンジ1つの合計2つしか開けられない
    (新しく穴を開けたら、その前の穴は消える)
この制約が解法へ導くヒントにもなっています。

海外レビューの中に、パズルを段階的に難しくしていく部分について
「完璧な学習曲線をもたせている」と評しているものがあり、
自分においても、ピッタリと当てはまっています。
一番最初は、ポータルを作れる「ポータルガン」を持たず、備え付けボタンを押して
穴をくぐる体験をするのですが、上手く理解できず、不安にw。
けれどその後、まずは青い穴だけ開けられるポータルガンが手に入り、
オレンジの穴が固定で開いていて、自分で青いポータルを作る解法を考える、
そしてその次はオレンジ・青、どちらの穴も開けられるマルチタイプの
ポータルガンが手に入るという形で、いつの間にか理解できるようになっています。

そして、謎めいた物語の続きも気になる。真相にはまだ遠そうですが、
一ついえるのは、どうやら私は「めっちゃ怨まれてる」ということです…!(^^;
おかげでパズルゲームなのに、追い立てられるように
先へ、先へと進めてしまう展開。また、パズルもずっと難しいわけではなく、
サラッと解ける部屋も混ぜてあるのがニクいところです(笑。
賢くなってる気分も味わえるなんて、飴も準備万端!
やっぱり手のひらの上w

この先がどのぐらいあるのかわかりませんが、今のところ
パズルもストーリーも文句なしにおもしろい。
何とか最後まで自力でときたいですねー、結末が楽しみです!

スポンサーサイト

Comments

ポータル2ってそういうゲームだったのかー!

はなさんのブログを見るまでほとんど洋ゲーに興味がなかったわたしにとっては、
大半の洋ゲーってどういうゲームなのか、
パッケージとか記事読んだだけじゃよくわからないものが多いんですよねー
プレイ日記だと分かりやすいなーって思います

ちょっと面白そうだなあ、ポータル2
そうなんですよ、私も動画とか見てみたけれど、プレイするまでわからなかった!
やりながら習得するタイプのようです。
で、プレイすると、山椒は小粒で…という感じで、ボリューム少なめらしく、
また、お話は1から繋がっているそうです。お話を理解したい場合は
1からするといいらしい。それでもパズルは2からでも問題なくて、
全然おもしろいです。

ってか、私も洋ゲーはにわかです^^;
けどにわかなせいか、 新鮮に遊べるのがいいのかもしれません。
せんせいはアサクリとかされないのかなと思ったりします。
やってないので、記事読んだだけですが、 ちょっと気になります。

ていうかダークソウル、いよいよ9月発売らしいですねえぇ!
プレイ日記、マジで楽しみにしています!(笑
(様子見する気まんまん)


Leave a Comment


プロフィール

はな・いちもんめ

Author:はな・いちもんめ
SF大好き昭和の生まれ
プレイ中のゲーム:
真・女神転生IV(3DS)
パズル&ドラゴンズ(iOSアプリ)

このブログについて

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プレイしたゲーム
Twitter
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。